• ktogashi20201

対人恐怖症・社交不安障害と付き合って生きる-1

最終更新: 2020年12月30日

 私は15歳の時に対人恐怖症・社交不安障害が発症しました。具体的な症状としては「視線恐怖」です。以来、社会にでてからもこの症状と付き合ってきました。また、「自分は自意識過剰で、人前では体が固まってしまい書くことも読むこともできない、自分は異常なんだ」と、「他人もそれがわかるから、私は人との人間関係もうまくいかないんだ。」そんなふうにずっとある時まで思って生きてきました。これは本当につらい経験でした。

 大学を卒業してある企業に就職しましたが、従来の症状に加えて、今の時代であれば明らかにパワハラと判断されるような環境も重なり、3年ほどでその会社を退職し、アルバイトを始めました。その時に妻と出あい結婚し、すぐ子どもを授かりました。

 それからは、妻と子どもを養うために外資系企業の人事部に職を得て、症状を持ちながら必死で耐えて働きました。よりよい労働条件や職場環境を求めて、いくつか転職をしましたが、運よく人事部門の責任者になることができました。人が苦手な私が人事畑を歩むとは皮肉でつらいものでしたが、仕事に追われるうちにいつの間にかに症状を持ちながらも、社会生活を送れるようになりました。今でも症状が気になる時がありますが、だからといって行動が阻害されることは全くありません。40の半ばを過ぎた今は自分の症状を受け入れることができるようになりましたが、ただ時間がすぎれば、問題が解決するということはありません。適切な治療を受けること、恐れず行動を実行することが問題の解決に繋がるのです。


 私はいまの状況にたどり着くまで、長い時間とつらい経験をしてきました。同じような悩みを持つ方が少しでも短い期間で、長く苦しい思いをすることがないように、私がぜひお薦めしたいプログラムを湘南心理トレーニングセンターで提供します。この病気に悩んでいらっしゃる方が苦しい状況を克服できる一助になれば幸いです。


次号からは私の経験について詳細を定期的に書いてゆきます。



20回の閲覧0件のコメント

​所在地

湘南心理トレーニングセンター​

神奈川県藤沢市本鵠沼4-6-1
ハーバービュー本鵠沼201

​▶︎アクセス

小田急本鵠沼駅から徒歩6分
JR藤沢駅から徒歩17分
江ノ電石上駅から徒歩17分
最寄バス停 藤沢警察署前から徒歩
1分
鵠沼小学校前から徒歩2分

 

​▶︎営業時間

​10:00−20:00

休業日:木・日祝

E-mail : excel@lucal.biz

Tel : 070-3868-2147

Fax:0466-51-0676

​お問合せ

© 2021. Proudly created with Wix.com